rikkei's note

なんちゃって哲学

自殺ってなんで悪いの?

フッと意識を失い、苦しまずに、

遺体も消え、誰にも迷惑を掛けずに、

死ねるスイッチがあるとすれば。

 

あなたは押しますか?

 

人生に絶望したとき

生きることが嫌になったとき

押したくなるのでしょうか。

 

そのスイッチを押してもいいのかなと、ぼくは思っています。生きている明確な目的はまだまだ見えていません。いま生きていること、死んでいることの境目がよく分かりません。

 

死にたいわけではありませんが、なんで生きているのか不思議な感覚です。 

 

----------------------------

 

これまで自殺がタブー視されてきました。

「自殺は悪いことである」という風潮とは、どこから来たのでしょうか。

どう生きるかの自由があるなら、どう死ぬかの自由もあるべき、ではないですか。

 

自殺は悪いことなんでしょうか?

 

1.家族や友人が悲しむから、死んではいけない

もしも自分の家族や友人が自殺した時を想像したとき、僕は絶望をすると思います。

なぜ自殺を止められなかったのか、自分も後追いをするべきか、などさまざまな思いを巡らせ苦しむことになります。

でも、死んでしまった張本人にとっては、関係のない話、ですよね。

自分の死後、周囲の人がどれほど悲しむのか張本人は分かりません。

また、家族や友人を悲しませないように彼らを納得させた上での、自殺ならどうでしょうか。何の問題もないのでしょうか。

  

2.人生はやり直せるから、まだ死ぬな

どんな失敗しても、自分が生きているのなら、またやり直せる。

「死にたいときには、生きることを選択したうえで、どう生きるか考えろ」という考え方があります。

でも、やり直してまでも人生を送りたいとも思っていない場合、そこまでして生きなくてはいけないのでしょうか。

生きることを強制しているのですか。だれが強制できるのでしょうか。

 

3.生きていれば楽しいことがある

確かに楽しいことはあるかもしれません。

けれど、楽しいことを求めて苦しい思いをするぐらいなら、なんで生きるのでしょう。

また「やりたいことをやらずに死ぬのはいかがなものか」という考え方。

この世に未練がない、希望がないと思う人たちは何を糧に生きるのでしょう。 

  

4.宗教上、スピリチュアル上、自殺はよくない

来世で違う動物になってつらい目に遭う、死んでも魂が苦しみ続ける

など様々な見方があります。

ただ、これらは1つの考え方に過ぎず、確実にそうなる運命かどうかなんてわからないものです。だれも証言できていないのですから。

 善悪の判断を神に託しているように感じられます。

 

5.これまでの先祖に失礼である

連綿と続いてきた命の歴史を、踏みにじるようなことは許されない。

という考え方ですが、これはどうでしょうか。

確かに先祖は、自分の命をなげうってまでも守ってきた子孫の命を、子孫自ら断ってしまうことに憤りを感じるかもしれません。

ただその考えを持つ先祖は、生きることを善、死を悪と、思っていたのではないでしょうか。

いくら先祖でも、自分の善悪を子孫に当てはめられるのですか。

 

6.世界には生きたくても、生きられない人がいる

「 他に苦しんでいる人がいるから、あなたも我慢して生きなさい」理論はおかしいと思いませんか。

自分が甘んじてイヤなことを我慢してたところで、他に苦しんでいる人は救われるわけではありません。心情としては確かに、自分の「わがままさ」を感じるところですが、外野から言われる筋合いはありません。だって、苦しさなんて比べようがないからです。

自殺志願者に忠告をするよりも、「生きたくても、生きられない人」を救うことが先決ではないでしょうか。

 

7.生き物として不自然だから

「他の動物は自殺をしない。生きることに懸命に向き合っている。人間だけが自分の命を絶つことのできる生き物。自殺は不自然である」という考え方。

ただ、人間以外の生き物も自殺はするようです。

アブラムシは個体数が増えると、天敵を呼び寄せ自分を食べさせます。一種の自殺です。

また寄生虫の命令で自殺するカマキリもいます。(これは寄生虫により殺されている、とも考えられます) 

不自然だから、他の生き物は自殺しないから、とは自殺を咎める十分な理由ではありません。

これからの時代、他の生き物でも自殺する可能性もあります。

 

----------------------------

生きているって本当になんでしょうか。不思議で仕方ないです。

 

いま生きている人間は、生きることを善としている人たちでしょう。

もしも、自殺した人から話を聞けるのであれば

「自殺してよかった、楽になれた」

「自殺しなければよかった、後悔している」

などの意見を聞いてみたいです。

自殺した側からの話を聞いて、反対の視点から考えてみたいので。

 

さらに考えれば、

自殺した瞬間に、自分に関する記録と記憶がみんなからすべて消えてしまったら、自殺は悪いことなんでしょうか。

 

たった1人、自分だけが自殺に善悪を決められるのなら、自殺とはいったいなんですか。

 

なんで自殺をしてはいけないのか、ずっと分かりません。

あなたはどう考えますか?ご意見あればコメントよろしくお願いします。

 

----------------------------

 

ここからは僕の考える「自殺メカニズム」です。

 

生きたくて生きたくて、

どうしても生きたかった人たちが

自殺をするのではないでしょうか。

 

自殺の原因は、「生きたい」から、だと考えられませんか。

 

「こんなふうに生きてみたい」

「達成したい夢がある」

けども、上手に実現ができなかった。

 

「こんなはずじゃなかった」をキーワードにして、死へ望みを託すようになるのでは。

自殺する人、その人に非があるわけではありません。

つらい思いまでして、今まで一生懸命に生きてきたことが素晴らしいのです。

 

勇気がいるかもしれませんが、こんな考え方もあります。

 「チカラを抜いて頑張らなくてもいいのでは」

「つらい気持ちでいっぱいなら、そこから逃げてしまえばいいのでは」

 

いままで持ってきた

「絶対に生きなければならない」

「思い描いた通りに生きるべきだ」

という思いはちょっと置いて、だらだら生きてしまいましょう。

 

ちょっとぐらい誰かに迷惑を掛けながら、

生きていくのが人間の生き方ではないでしょうか。

 

ちょっとだけ余裕が出来たときには、

誰からの迷惑を受け入れるようになれれば素敵ではありませんか。

 

 次は「生きる理由って…?」をテーマに書いてみますね。

  

では、また! 

 

 

(追記)

続きのエントリです。

   ↓

rikkei.hatenablog.com

 

(この記事は、自殺を肯定・教唆しているわけではありません。疑問を提示して、問いかけているのみです。)