rikkei's note

なんちゃって哲学

100点以上の生き方 その2

前のエントリで「100点以上の生き方 その1」

を書きました。これはその続きです。

 

自分への自己評価を、加点式にすることをオススメしました。

 

どんな行為にでもプラスの点数をつけてあげることが大切です。決してマイナス点をつけないことです。

 

注意点として、理想と比べないことです。

 

理想に向かって努力することも大切ですが、理想を強く意識するとどうしても現状に満足できません。

 

理想はただの参考程度にしましょう。

 

理想から逆算した、行動レベルの目標の方を意識することが大事です。それも超がつくほどの基本的なことです。

 

誰かにあったら挨拶をする、親切にしてもらったらお礼を言う、など保育園で教えてもらったことをおろそかにしてはいけません。

 

またこの考え方は、自分が人を評価する方法とも同じだと思います。

全く同じでなくとも、かなり近いと思っています。

 

もし行動した結果で失敗してしまったら、加点はされるのでしょうか。

 

ぼくは、加点されると思います。

結果だけを見るのではなく、失敗によって得られたものを冷静に分析することが重要です。

 

なぜ失敗したのか、失敗するとどうなるのか、失敗したときには自分はどう感じるのか、これからどう修正するのか、さまざまな学びがそこにはあります。

 

成功したときに以上に経験として残るものがたくさんあります。

 

 

また、マイナスは無いと説明しましたが、加点がされないパターンがあります。

 

それは、行動しないこと、です。なんにもせずただボーッとしているだけでは、残念ながら0点です。

 

こんな考え方ができるようになれれば、肩の力を抜いていきられるようになりますね。

 

では、また!