rikkei's note

なんちゃって哲学

ポジティブにならなくていい!

あなたはポジティブ思考ですか?ネガティブ思考ですか?

 

ポジティブとネガティブってなんでしょう。

 

ポジティブ思考が良くて、ネガティブ思考が悪いのでしょうか?

 

ポジティブと聞いて想像するのは、いつも明るく元気な人という印象です。

 

いつも前向きで周りを明るくさせる雰囲気を持っています。一方で、願望のバイアスが入り込み、現状が見えにくいことや、人の気持ちをおろそかにしがちです。 

 

ネガティブは、暗くウジウジしているイメージがあります。

 

孤立していて周りと上手に協調できずに、ストレスを抱え込みやすいです。その一方、何事にも慎重に考えられ、人の繊細な気持ちに気づきやすい傾向があります。

 

ポジティブとネガティブ、この2つは対立し合うものではなく、どちらも存在し引き立てあう共存関係ではないでしょうか。

 

その共存関係を表した言葉がこれです。

 「悲観的に準備し楽観的に対処せよ」

この言葉がぼくはとっても好きです。

 

自分の中にあるポジとネガを上手に生かす方法があるのです。

どちらか良いとかの話ではなく、2つとも否定されるものではありません。調和させて併せ持てることが大事なのです。 

 

この記事のはじめにみなさんに質問した

「ポジティブ思考か?ネガティブ思考か?」

なんて無意味なんです。

 

ポジティブは"目指してなるもの"ではなく、"結果的になっているもの"なんですから。

無理にポジティブ思考をしても、いいことはありません。自然体でいいのです。

 

ネガティブな人は、

「ちょっと考え方をポジティブ寄りにしてみようかな」

ぐらいの気持ちで充分です。

 

いまの自分の持ち味を活かして伸ばしていくことが、よっぽど大事なことなんです。

 

オールマイティに何でもできるよりも、あなたがイキイキと活かせる持ち味方が価値が高いのです。

 

そうして、持ち味を発展させられれば、自分の欠点なんて気にもならなくなります。

 

欠点なんて直そうとするよりも、勝手に直っているものです。

 

では、また!