rikkei's note

なんちゃって哲学

就活って何だったんだろ?

僕はいま就活生です。

この時期、就活の終わりが見えてきました。

時間と余裕を取れるようになったので、自分の考えをまとめますね。

 

就活を一生懸命にやってきましたが、

「いったい何のためにやっているんだろう…?」

と思うことがたくさんありました。

 

そんな僕の疑問と考えを、僕の視点から紹介していきます。

働くことはどんなことなんでしょうか。

 

f:id:rikkei:20170702224601j:image

 

 

<なんで就活するのか>

僕は始める前から、就活に対して全く乗り気になれていませんでした。

 

「一般的に優良企業と呼ばれる企業から、いかに早く内定をゲットできるか」

というゲームにしか見えていなかったからです。

 

就活を経験した先輩や友人の話を聞くと、

 

「就活はみんながやるからね~」

「お金稼ぎたいから働く」

「どうせ働かなくちゃいけないんだからなあ」

 

など、前向きな気持ちで就活している人があまりに少なかったです。

 

僕も前向きな気持ちを持てず、周囲の人たちと同じように就活を始めるようになりました。

 

進めていくうちに、就活の構造に疑問を持つようになりました。

 

「こんなめんどくさい手順で、学生も企業も就活・採用をしているのはなぜだろう?」

 

 

<なぜ人は仕事を求めるのか>

そもそも仕事とは何でしょうか?

 

働いて出す価値を、誰かが買ってくれて、お金をもらうことでしょうか。

 

お金をもらうために、働くのでしょうか。

または、自分のやりたい仕事に就いて、やりたいことをやるために働くのでしょうか。

 

あるいは、「○○会社で働いています」と言うために働くのでしょうか。

 

もしも、生活できるだけのお金を持っていて、やりたいことが仕事以外でやれて、肩書を欲しがらなければ、働こうとは思わないんでしょうか、働かなくてもいいんでしょうか。

  

 自分がやりたいことって何だろう、と考えることが、働く理由になると思います。

 

これからも、なぜ働くのかを考え続けていきたいと思います。

 

では、また!